日本拳法のルール

■試合方法
トーナメント試合による3分間(または2分間)の本数勝負で行ないます。

  

■得点 
① 効果的な強い突き、打ち、蹴りが規定の箇所(顔面部、胴部)に的中したときに1点が与えられます。
② 連撃で相手を圧倒したとき1点となります。
③ 倒れている相手の顔面部が床面に接しているときに、体を制し、正しい空撃による攻撃をした場合、1点となります。
④ 股間部に対して正しい打ち、蹴りの形をとったとき1点となります。
⑤ 投技は、はずみがつき相手を圧倒したとき、また相手の腰部を胸、肩の高さまで巧みに抱き上げたとき得点1点となります。
⑥ 関節逆捕技で相手を制したときにも1点となります。
⑦ 相打ちのときには、得点は相殺されます。また、時間切れと同時に決まった技は有効となります。

■ 反則について
① 防具着装以外の部分に対して、故意に加撃すること。
② 倒れたる相手の顔面部に強い当身技を施すこと。
③ 相手の身体を持ち上げ、首から床面に突き落とすこと。
④ 肘または前腕部を脇に抱え、関節部に対して体をあずけての逆捕技をすること。
⑤ 関節部に対して、当身技による逆捕技を行なうこと。
⑥ 不当に防具を?むこと。
⑦ 相対したまま両足が方円線より出ること。(注)片方の足のみが方円線外に出たとき、取組みあいで倒れてでたときには場外になりません。
⑧ 方円線外にこの組打ち中に、上位を占めた者が当身技を施そうとしたとき、組みつかれている者が故意に外円線外へ離脱したときは、攻撃側の得点を認めることができます。

■ 反則による罰則
① 注意:注意は二回で警告となる。
② 警告:警告は一点減点となる。
③ 失格:悪質な違反者は失格を宣言する。

  

■ 審判と勝敗の判定
公式競技会は、審判長、主審1名、副審2名で行ないます。審判長は、競技規則が厳正に運営されているか、どうかを監視するほか、審判員の判定に対し、疑 義のある場合は、無効を宣言することができます。なお主審の得点、減点に対しては、専属の記録員が判定用紙に正確、忠実に記録します。副審は、競技場外で 得点、減点を自主的に判断し、判定用紙に記録し、勝負の判定を行ないます。
主審と副審の多数決により「勝ち」「負け」「引分け」を決定しますが、三者の判定がいずれも異なる場合は引分けとなります。また一方が著しく優勢な場合は試合終了を待たずに「圧倒勝ち」とします。また負傷のため試合ができないときは、
① 負傷の原因が自己にあるときは負傷者の負けとなります。
② 相手の反則によるときは負傷者の勝ちとなります。
③ 偶発性のとき、競技時間の半ば以上経過しているときは、中断時の判定によって勝敗を決めるが、次の競技を残している場合は、負傷のため競技ができない者を負けとします。