日本拳法とは

 

日本拳法は、拳(こぶし)や足でもって突く、打つ、蹴るなどの当身技(あてみわざ)と組みついたときに投技と 関節逆捕技を行なう徒手格闘技です。防具を着けることで安全性を高め、本気でお互いに突く、打つ、蹴ることが出来ます。攻撃と防御の攻防から得点を争う近 代的なスポーツ、それが日本拳法です。

 

  

 

【日本拳法の歴史】

「日本拳法」の源流を尋ねてゆくと、相撲や柔道と同じところに行きつきます。『古記事』にある武甕槌神(鹿島神宮祭神)と建御名方神(諏訪大社祭神)の 力競べや、『日本書紀』の野見宿禰と当麻蹴速の古代相撲は、のちの相撲や柔道の原型といわれてますが、現在の相撲・柔道よりも防具をつけずに行った「日本 拳法」に近い格闘技であったと考えられます。

昭和の初め、武道専門学校出身の大阪府警察本部柔道師範・黒山高麿(洪火会会長・福岡.1895-1977)は、柔術諸流派に伝わる当て身技が滅亡寸前 にあることを残念に思い、当時関西大学柔道部学生であった澤山勝(宗海・大阪.1906-1977)に当身技の復活と、安全な練習法の研究を要請。研究の 内容は次の三項目ありました。

・当身技はすこぶる威力があるため、その悪用をどう防ぐか。
・練習に危険がともなうので、十分な練習ができなかった。したがって、その安全法。
・武芸としての狭量利己観念から、極意として公開しなかった技をどう発掘するか。

従来の形稽古は、技法が実際から離れてしまい、見た目には豪壮華麗なものとし映るが、 個性がなくなり技の上達が遅れる。変化技の体得、殊にリズム上の技術修練は良師についたとしても、熟達にはきわめて長年月を要することを指摘。危険をなく し短日月に熟達させるために防具を着装し、思う存分突き、打ち、蹴りをもって撃ち合い、また組んでの投技、間接逆捕技を施すとのできる乱稽古法を創始し ました。

この新たに復活させた拳の格闘技を”大日本拳法”と称し、昭和7年9月15日、澤山勝先生が洪火会本部道場で武道として創始されました。日本拳法と改称して会が再出発したのは、敗戦後の昭和22年4月のことです。

当道場が所属している日本拳法協会を設立した故 森良之祐最高師範は、昭和28年、日本拳法会から拳法普及のため東京へ派遣されました。東京での普及活動として、幾多の大学に拳法部を創り、そして、宗家より允許権を頂き、昭和30年には日本拳法協会を創立しました。日本拳法協会は平成17年に創立50周年を迎え、東京銀座、交詢社にて「日本拳法協会50周年の会」を森良之祐先生ご夫妻出席のもと、盛大に開催しました。